冬探し・冬が旬の食べ物探し

 国際バカロレアPYP探究ユニット「秋・冬の自然」をすすめている赤組(3歳児)さん。(このユニットについてはこちらをご覧ください)
8週間かけて探究していくなかで「季節の移り変わりは、人々の生活に影響する」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。

12月に入り、急に寒さが厳しくなってきました。
登園時の子どもたちの服装もすっかり冬の装いへ。
「今日は寒いから、いつもと違うジャンパー着てきたんだ!モコモコだよ」
「見て!マフラーしてきたよ」
と嬉しそうに見せてくれます。


上着をハンガーに掛けることにも、挑戦中!

クラスでは、「冬探し」が始まっています!
お庭の木やメモリアルホールまでの道のりにある木を見て、「イチョウの木の葉っぱがない!」
「幼稚園の木の葉っぱ、少しになっちゃったね」など、
先日までの様子との違いに気づき、教えてくれる姿も。

自由遊びの時間は、クリスマスにちなんだ遊びがいっぱい!
ハサミを使って飾りをつくって、お部屋のクリスマスツリーに飾ったり、

ビーズやスパンコールを飾って松ぼっくりツリーをつくったり、

サンタクロースごっこが始まったり…。

そして、給食の時間は、旬の食べ物を探すことが恒例になってきました。

今日は再び、クッキングハウスの管理栄養士に
「冬が旬の食べ物」について教えてもらいました。
野菜では、ダイコン、ニンジン、ブロッコリーやホウレンソウ、キャベツ・・・
果物では、ミカンやゆず、先日の給食のデザートにも出た「洋ナシ(ラ・フランス)」・・・
黒板いっぱいに冬の食べ物が並びました。
そして、魚では「ブリ」という大きな魚がおいしいと、実物大の写真を見せてもらうと、
「えー!ブリってこんなに大きいんだね!」と、驚いていた子どもたち。


冬には、おでんやお鍋のように、体があたたまるメニューをよく食べると元気が出ることを聞くと、
「シンデレラのスープのお歌(明日の音楽会で歌う曲)も、スープが出てくるから冬にぴったりだね!」と、
友達と嬉しそうに話す姿も見られました。

季節が変わると、自分たちの身の回りにも変化が生まれてくることに、
少しずつ気づき始めている様子。
もうしばらく、冬探しを続けながら、子どもたちの気づきを大切に受け止めていきたいと思います。

さて、いよいよ、明日は、たのしい音楽会。
明日の発表が素敵にできるようにと、折り紙でサンタのお守りをつくりました。

おうちの方、サンタさんに元気な歌声とカスタネットの音を聞いてもらうことを
楽しみにしている子どもたちです。


このブログの人気の投稿

風で動くもの

赤組PYP探究ユニット「最初の一歩」

野球にちなんだ運動遊び