運動会を終えて

 国際バカロレアPYP探究ユニット「運動会」をすすめてきた赤組(3歳児)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
5週間かけて探究していくなかで
「さまざまな方法を使って自分を表現し、人々に伝えている」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思って取り組んできました。

運動会を経験した子どもたちは、
「運動会楽しかった!」「パパやママにたくさんほめてもらったよ!」と嬉しそうに話したり
運動会で楽しかったことを絵で表現したり・・・
絵を描きながら「かけっこ速かったんだよ」「金メダルが嬉しかった!」
「ダンスのポンポンかっこよかったよね」と友達と会話を弾ませたりする姿もありました。



「運動会のダンスをもう一度ビデオで観たい!」というリクエストもあり、
今日は本番の様子を振り返ることに。
「お客さん、たくさんいたよね」「いっぱい拍手が聞こえたよ」
「楽しかった!!」「丸(円)つくるの、上手にできたね」と、
映像を観ながら当日のことを思い出していたようです。

映像を観た後には、
「なんだかまた、踊りたくなっちゃった!」とクラスでダンス!
みんないきいきとした表情で身体を動かしていました。


子どもたちは、この探究活動を通して
身体を動かすことの楽しさや、色々な方法で表現することの喜びを
存分に味わうことができたようです。
大勢のお客様の前で表現し、たくさんの拍手をいただいたことも
自信につながったことと思います。
これからも、親しいお友達や保育者と一緒に過ごすなかで
一人ひとりが自分の思いを、のびのびと表現していってほしいと願っています。

このブログの人気の投稿

着衣泳教室

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー