いろいろなお仕事を探しに「まち探検」へ!

 PYP探究ユニット「将来の夢」をすすめている青組(5歳児)さん。(このユニットについてはこちらをご覧ください)
6週間かけて探究していくなかで「それぞれが役割をもって生きている」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。

幼稚園で過ごすなかでも、いろいろなお仕事をしている方に出会い、刺激を受けている様子の青組(5歳児)さんの子どもたち。
普段入ることのできないクッキングハウスの中を見せていただこうと、ビデオ通話で探検しました。


配達していただいたお肉の温度を確認する様子や、
果物を洗っているところ、野菜をカットしたり、混ぜている姿を見せてもらったり…
アレルギーがあるお友達も安全においしい給食が食べられるよう、
アレルギー対応室で個別につくっていることを知りました。

しゃもじや、お鍋の大きさにも、びっくり!
幼稚園と小学校、みんなの給食をつくるから大きな調理器具やたくさんの食材が必要だということ、給食後の片づけでは、幼稚園と小学校合わせて2500枚のお皿を洗っていることも知り、初めて見聞きするクッキングハウスの中は、とても新鮮だったようです。

今日は、幼稚園から出て「お仕事探し」。
NHK甲府放送局を見学、「NHKのニュースができるまで」を視聴したり、中継車を見学させていただいたりしました。

そして、甲府駅周辺も散策。



散策の合間には、広場でおにぎりタイム。

甲府駅で職員の方にお話をいただき、帰りは電車で幼稚園へ。




世の中には、いろいろな仕事があって、その方々のおかげで成り立っていることにも気づけた様子。
これからも、興味を広げていきながら『おおきくなったら』の夢に向かって、取り組んでいきたいと思います。

このブログの人気の投稿

風で動くもの

赤組PYP探究ユニット「最初の一歩」

野球にちなんだ運動遊び